×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 サイトを移転しました。3秒後に新サイトに移動します。
 移動しない場合はここをクリックしてください。


ミキサー

 小さなシステムで構成する場合には、全体のバランスをとる役割よりも音源や外部エフェクター、アウトボードが増えたときにそれらをまとめる役割の方が大きくなると思います。あとは意外と盲点なのですが、オーディオインターフェイスについているヘッドフォン出力というのは音が細いものが多いです。そのため専用のヘッドフォンアンプが存在しているわけですが、どうせ買うならミキサーを買って、そのヘッドフォン出力を使った方が音もいいし他の役割にも使えてお得です。

YAMAHA MG06X

ストア 価格
サウンドハウス -

 モノラル2チャンネル、ステレオ2チャンネル、計6チャンネルのコンパクトなアナログミキサーです。YAMAHAの開発した高品質マイクプリアンプ、D-PREを搭載しているので、マイクを使ったレコーディングにも力を発揮します(+48Vファンタム電源搭載)。また付属のリバーブとディレイは、ライブなどのサウンドエンジニアリングにおいて役立つと思います。

メーカーHP製品情報

※価格はすべて掲載時のものです。詳細はリンク先にてお確かめください。