×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 サイトを移転しました。3秒後に新サイトに移動します。
 移動しない場合はここをクリックしてください。


作曲の方法

 作曲には様々なアプローチがありますが、もっとも一般的なのはやはりコードを使った作曲法です。はじめて作曲をするという方には少し難しいもののように思えるかもしれませんが、ある意味一番効率的に曲を作る方法としてコードは存在するといっても過言ではありません。完全に理解する必要はないので、なんとなくコツをつかんで曲作りに役立てましょう。

省エネ作曲法について

 昔『例の方法』という大学受験の参考書がありました。選択肢のある問題で問題文を読まずに正解をあてる、とかそんな内容だった気がします。この項は作曲版の『例の方法』みたいなものです。

下準備

 まずはどんな音楽を作りたいのかを考えましょう。ジャンルとBPMくらいでいいです。
 あとは紙と鉛筆、あればコード表を用意しましょう。

コード進行の作り方

 最初に曲作りの基本をおさえておきましょう。

1.すべての曲にはキーがある
2.メロディーはスケールと呼ばれる7つの音が中心となっている
3.スケールをもとにしたダイアトニック・コードを使っておけばはずれはない

 つかみが大事だと思ったので断定口調で書いたのですが、実際は例外があるので、上記の文の最初に“だいたい”、最後に“ことが多い”というのを頭の中でつけておいてください(笑

 まずはキーについてです。
 曲にはキー(調)というものがあります。途中で調が変わるもの(転調)もありますが、たいていは一曲通して同じキーです。キーとはなにか。おおざっぱにいうと、明るい感じだったり悲しい感じだったりという曲全体の雰囲気のようなものです。そんなあいまいな! と思うかもしれませんが、実際そんなあいまいな感じなのであいまいに押さえておきましょう。
 まずはキーを決めます。実際にキーボードでキーの音階を弾いて気に入ったものを選ぶのもいいですし、適当にサイコロを振って決めてもOKです。

キー楽譜

 それでは私がサイコロで振って決めたキーB♭メジャーを例に説明していきます。普通の解説サイトでは♯や♭といった調号のついていないCメジャーキーで説明することが多いのですが、このサイトではワイルドにB♭メジャーで説明していきます。キーは相対的なもので、♯や♭のつかないCメジャーキーが特別なわけではないということを言いたいがためのB♭メジャーです。
 まずはノートに五線譜を引きます。

コード1

 そこに選んだキーのスケール(=音階)を書いていきます。スケールとは音符の並び方のことです。この場合はB♭メジャーなのでB♭(シ♭)からはじめて、A(ラ)まで書きます(たとえばこれがCメジャーだったらC(ド)からはじめてB(シ)まで書きます)。これがB♭メジャーの“スケール”です。

コード2

 次にその音階の二つ上の音を二つ書きます。わかりにくいいい方ですが、図を見るとわかると思います。

コード3

 B♭メジャーではシとミがフラットなので該当する音にフラットをつけます。

コード4

 コード表などを見てそれぞれのコードにコードネームを書いておきましょう。
 上図を見てわかるように、重なった三音の一番下の音(根音・ルート)が、コードネームにもついています。1番目のコードはB♭メジャーキーならそのままB♭メジャーになります。そして2番目と3番目と6番目のコードに『m』(マイナー)が、7番目のコードには『m(♭5)』がつきます。これはどのキーを選んだときも同じです。たとえばこれがCメジャーキーならドからはじまるので、左からC、Dm、Em、F、G、Am、Bm(♭5)になります。

 コードネームの下に書かれている記号はT(トニック・コード)、D(ドミナント・コード)、SD(サブドミナント・コード)というコードの性格を示すもので、水色の三つがその中でも主要なコードになります。トニック・コードとは主和音のことで、そのキーの中で安定感のある響きをします。またドミナント・コードは基本的にトニック・コードに進み、サブドミナント・コードはドミナント・コードに進む性格を持っています。この辺に関しては最初はざっくり把握しておく程度で大丈夫です。

 これら7つのコードはダイアトニック・コードと呼ばれ、まあ要するにある一つのキーで曲を作るとき、このコードとスケールだけを使っていればはずれはない、ということです。えっ、一つの曲でこれだけしかコード使えないの? と思うかもしれません。実際使えないことはないのですが、基本となるのはこの7つで、あとはそれぞれのコードにテンションと呼ばれる装飾の音符がついたり、あえてダイアトニックコード以外のものを持ってきて調性をあいまいな感じにしてみたりと、基本から派生していく感じになります。さらに言うと7つ目の(♭5)がついているコードはあまり使わないので実質6つみたいなものです。異論はもちろん認めます(笑 最初はこれらのコードだけを使って曲を作ってみるのがいいと思います。
 はじめて曲作りをするときは、コードやメロディーはものすごい数の組み合わせによってできているように感じてしまいがちですが、実際はこのようにキーによってある程度組み合わせが限定されてきます。その部分を理解すると、曲作りのハードルがぐっと下がるのではないでしょうか。

 このダイアトニック・コードには、左から順番にI、IIm、IIIm、IV...と数字が割り振られ、コード進行表記に使われます。
 よく定番のコード進行として『イチロクニーゴー』などといったりしますが、これは上記のB♭メジャーキーでいえば『B♭→Gm→Cm→F』となります。Cメジャーキーだったら『C→Am→Dm→G』です。実際は、ニーゴーの部分は7thが加わってIIm7→V7となることが多いです。その違いは実際に弾いてみて確かめてみてください。

キーについてのおさらい

 上の説明じゃ結局キーがなんなのかよくわからない、という方向けの説明です。
 「かえるのうた」という有名な童謡があります。ドレミファミレド、ミファソラソファミ~というやつです。楽譜にしてみるとこんな感じです。

かえるの歌1

 これを全体の音程を上げて、レからはじめてみます。するとこんな感じになります。

かえるの歌2

 はじまる音が変わってもメロディーのバランスは崩れていないことがわかると思います。
 そして注目すべきは、レからはじめたからといって、レミファソファミレにはならないということです。なぜかというと鍵盤の白と黒は交互に配置されておらず、ミとファ、シとドの間には黒鍵がないからです。なんで交互じゃないのかということに関しては、まあ歴史的にこれが一番しっくりくる並びだったということで。
 キーに関していえば、ド(C)からはじまるかえるのうたのキーは白鍵だけで構成されるCメジャーで、レ(D)からはじまるものはDメジャーということになります。Dメジャーはド(C)とファ(F)が♯なので、レミファ♯ソファ♯ミレになるということです。
 このようにキーとは音の相対的な関係によって成り立っています。

メロディーにコードを付ける方法

 上記の方法はコード進行から作るやり方ですが、先にメロディーができた場合も基本的には同じです。
 まずはそのメロディーのキーを探します。違和感なく聴こえているのであればいずれかのキーに当てはまっているので、使われている音から簡単に割り出せると思います。
 キーがわかったらあとはそのキーのダイアトニックコードを順番に当てはめていき、自然に聴こえるコードを探します。もちろんすべての曲がダイアトニックコードのみでできあがっているわけではないので、うまく当てはまらないところもあると思いますが、その辺は試行錯誤ということで……。

メロディーの作り方

 メロディーはセンスです……と身も蓋もないことをいってもあれなので参考程度のことを僭越ながら書かせていただきます。
 前述したB♭メジャーを例にとります。
 B♭(シ♭)からオクターブ上のB♭(シ♭)まで“シ♭ドレミ♭ファソラシ♭”と連続して弾いてみます。今度は上から下、次はひとつ置きに、ランダムに、そうしているうちに気に入ったメロディーが浮かんでくると思います。そうしたらそのメロディーを繰り返し繰り返し弾いてください。シーケンサーに打ち込んでループさせるのもいいかもしれません。繰り返し聴いているうちに段々と曲全体の輪郭、構成が浮かび上がってくると思います。

対位法はファミコンで

 音の密度の高いゴージャスな曲が作りたい方も少ない音数で聴かせたい方も、編曲には対位法が非常に効果的です。要は主旋律にカウンターとなるメロディーをつけるということなのですが、習うより慣れろ、ということで対位法のエッセンスが詰まったファミコンを押し入れの奥から引っ張り出しましょう。
 ファミコンは扱える音の数が非常に少なく(確か同時発音数が3だった気がします)、その少ない音数でいかに厚みあるBGMを奏でるかということで対位法を存分に生かした作りになっています。
 代表例は『ドラゴンクエスト』です。サウンドトラックはオーケストラアレンジが施されていましたが、元のファミコンの少ない音数のもので聴いても十分かっこいいです。童心に返るついでにファミコンBGMを聴き込むと、対位法のコツのようなものがつかめてくるのではないかと思います。


楽器を弾こう!

 楽器を弾けなくてももちろん曲作りはできます。DTM人口が増えたのは楽譜が読めなくても楽器を弾けなくても音楽ができるという部分によるところも多かったわけですし。たとえばDJ的発想のサンプルをコラージュしたような曲には、音楽教育を受けてきた人には思いつかないような斬新さがあります。
 ただもう一方で楽器を弾くという行為は、音楽の一つの楽しみであるのも事実です。また楽器を練習していくうちに自然と和音や和声についての知識がつき、結果として曲を作るのが楽になります。ある程度曲は作れるけど、どれも似たような感じの曲になって悩んでいるという方などにもおすすめです。